医学部の予備校について

遠方に住んでいる場合には通信教育が適しています

医学部 予備校 | 医学部受験の予備校・専門塾なら【医学部特訓塾】

多くの場合は、両方を並行して受講するのが一般的です。
集団授業で基本的な内容を学び、それと平行して個別指導では苦手科目を中心に受講して克服させるという学習方法が一般的となっています。
ただこうした予備校がある場所は、基本的には大都市にあります。
ですので、遠方から来る場合は寮などに入ってそこから通っている人もいます。
大手の学校であれば寮が完備されているところもありますが、寮に関する費用面などの問題があるなどでそうした寮に通いながら学ぶのは家庭環境などによっては難しいケースもあることも確かです。
その場合は、通信教育を行っているところで学ぶと良いでしょう。
通信教育を受けるメリットは、自宅でパソコンを持っている環境であれば自由に学ぶことが出来て遠方から通うときの負担がないということが大きな魅力です。
パソコンでやりとりをしながら講師陣からの個別指導を受けることが出来ますので、学習効果も実感しやすいです。
通信教育を行っている予備校はまだそこまで多くはありませんが、導入しているところはいずれも医学部に合格している実績が多いところが多いためもしも遠方に住んでいる場合にはこの方法が適しています。

集団授業と個別指導のどちらが良いのかは一概には言えない遠方に住んでいる場合には通信教育が適しています合格保証制度は合格できなかった場合に翌年の授業料を全額免除